ホーム > 相続の基本

相続の基本

相続手続きの流れ

相続手続きの流れ

相続は、被相続人の方が亡くなられてから始まります。
まずは、亡くなられて7日以内に死亡届を提出します。その後は、遺言書の有無を確認してください。
遺言書によって、相続する人の配分が変わってきます。
また、相続遺産の目録を作成するさいに、被相続人の遺産を調査しなければなりません。勝手に手をつけていいものかわからず問題になる場合もありますので、予め相続専門窓口に相談されたほうがよろしいかと思います。

相続遺産の目録が出来たら、今度は遺産分割協議です。遺産分割協議は相続人全員で話し合い、遺産の配分を決めるといったものです。
また、遺産分割には民法による取り決めもあり、十分に気をつけなければなりません。

遺産分割が終わったら、いよいよ相続税の計算を行います。相続税は土地の評価によって大きく左右されます。
しっかりとした診断の出来る事務所に依頼をしないと大きな過ちにもつながる場合がございますので、当所のような専門窓口をもっている事務所に依頼する事をおすすめします。

相続税の申告が終われば、納付手続きを行われければなりません。
中には延納や物納といった手続きもあります。相続手続きは、確定申告などに比べて少々面倒でリスクが含まれる事が多いので、相続発生前からプロに相談しておかれる事をお勧めいたします。
※相続税の申告は相続発生から10カ月以内と決まっています。

相続方法の決定

相続方法の決定 単純相続

相続には、3つの相続方法があります。ひとつは、単純相続です。
単純承認とは、無条件で相続財産を全て引き継ぐ相続方法です。マイナスの財産がない場合に用いられるオーソドックスな相続方法です。

相続放棄

次に相続放棄です。相続放棄はマイナスの財産がプラス財産を上回る場合に用いられます。文字通り遺産の相続を放棄する相続方法です。
相続放棄は、相続発生から3ヶ月に家庭裁判所に申請を行わなければなりません。3カ月以内に申請が行われない場合、自動的に全てを引き継ぐことになってしまうので十分に気をつけて下さい。

限定承認

最後に限定承認があります。限定承認は、プラスの財産を超えるマイナスの財産を相続しない相続方法です。
限定承認も相続放棄と同様、相続発生から3カ月以内に家庭裁判所に申請を行わなければなりません。
まずは、しっかりと遺産の目録をつくり、相続方法を決定しましょう。

遺産分割協議書の必要性

たとえば、亡くなった方の預金口座はすぐに止められてしまいます。どなたが相続するのかが決まっていないと、預金を引き出すことができません。預金を引き出すための銀行での手続きの際、「遺産分割協議書」は必須となります。

ある程度財産がある方は、後日、親族間で揉めることがないように、「財産はこのように分けます」というように、事前に同意しておくとよいでしょう。
申告することが前提の場合、財産所有者が亡くなってから10カ月以内に、分割が明確にされていないと、税金が安くなる特典が受けられなくなります。知らずにいて、損をしてしまうこともありますので、当事務所までご相談いただければと思います。

アクセス


大きな地図で見る

住所:〒102-0082
東京都千代田区一番町6番地
相模屋本社ビル5階
最寄駅:
半蔵門駅

お問い合わせ 詳しくはこちら